三大栄養素とダイエットに必要な比率

ダイエット理論&栄養

こんにちは。なかぎゃんです。

年末年始バタバタしていたらこんなに日にちが経ってしまいました。毎日ブログ書くって決めてたのに😭

継続するってすごく難しいですね。心機一転コツコツ頑張っていきます。

今回はダイエットに関して知っておきたい必要な知識

『三大栄養素』

について触れていきますね。

三大栄養素とは??

ざっくり言うと

  • 体を動かすためのエネルギーとなるもの
  • 体の組織(筋肉や骨)を作るために必要な栄養源

って感じですかね。詳しいことはgoogleさんが詳しく教えてくれると思います。(多分僕より詳しい笑)

じゃ、その三大栄養素って何って言ったら、三つの栄養素で構成されてるんですよ。

そんなん分かるわ!!みたいに思わないでくださいね。これ試験に出すと答えられない人たち実はメッチャいますから。

実は私ですね、昔に専門学校で講師してた経験ございまして、まぁ、崩壊的でしたよ。本当に。。。

そんなことはどうでもいいですね。先に進みます。

  • 炭水化物
  • 脂質
  • タンパク質

これが三大栄養素ですね。もう少し細かくお話していきますね。ダイエット目線で話すので余計な内容は一切省きます。

炭水化物

  • 体を動かすエネルギーになるもの
  • 1gあたり4kcal
  • 炭水化物1gあたり3gの水分を体に引き込む

この辺だけ知ってればとりあえずOK!!トレーニングしながらダイエットする人は絶対必要不可欠。ガス欠だとトレーニングもできないっすもん。ただ、上にも書いたように炭水化物いっぱい食べると体の中にメッチャ水分含むので結果、体重は増えますね。逆に炭水化物抜けば体重メッチャ落ちます。

そうです。◯◯ザップさんですね。別に僕はその手法を否定しませんよ。だって時間ないときはスーパー効果的ですもの。ただリバウンド率は99.9パーセントってところでしょうか。

脂質

  • 体から分泌されるホルモンの働きを助ける
  • 1gあたり9kcal

これだけ覚えておけば大丈夫!!なはず。分からなくなったらまた調べればOK!!

1gあたり9kcalなんでエネルギー的には炭水化物と同じグラム数摂ったら2倍太りますね。

そう!!痩せたいならこの脂質減らさなきゃダメ。

がしかし、これ減らしすぎるとこんな感じになります。

  • 肌ボロボロ
  • 髪の毛パサパサ
  • マジでびっくりするぐらい老ける

なので最低限は取らないとダメっすね。健康的にキレイに美しく痩せたい人はフィッシュオイル摂りましょう(^ ^)

タンパク質

  • 体のあらゆる細胞を作る源になる
  • 1gあたり4kcal
  • いっぱい摂ると痩せやすくなる

ダイエットの時期はタンパク質量を増やすと体重が落ちやすくなります。

あ、ちなみに筋肉つけたい人はタンパク質だけじゃ筋肉つきにくいから炭水化物も取らなきゃダメだよ。さらに言うと筋肉つけるってのは業界的に言うと太るって意味だから、トレーニングに詳しい人に言うときは気をつけた方がいいですね笑

まぁ、その話は置いといて

ダイエットにおける三大栄養素の比率

大体の人はこんな感じ

炭水化物:脂質:タンパク質 = 5:3:2

痩せる人はこんな感じ

炭水化物:脂質:タンパク質 = 3:2:5 or 4:2:4

要は炭水化物減らして、脂質を最低限にして、タンパク質の量は増やせばオールOK!

別に毎日サラダチキン食べろって意味じゃないからね。タンパク質っていろんなものに含まれてるからお魚や大豆製品にもタンパク質含まれてるから、成分表見て高タンパク質、低カロリー、低炭水化物、低脂質のものを選んで食べてみてください。

かなり痩せやすくなりますよ!!

それではまた次回!!

なかぎゃんでした(๑╹ω╹๑ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました